レオタードに関する情報が満載!

練習用と本番用レオタードの違い

レオタードはバレエ、新体操、アイススケートといった、ダンスを踊るスポーツで着用される水着に近い形状の衣装です。
この衣装は本番に着用するものと練習用に着用するものとを分けるのが普通です。
本番用の衣装は色がカラフルで刺繍やビーズなどで華やかな装飾が施されているのが特徴ですが、レッスンを受ける際は黒一色の衣装で踊るのが一般的です。
レッスンを受ける時に着る衣装は、袖のあるものとキャミソール型がありますが、いずれも動きやすいように身体にぴったりした素材でデザインされています。
この体にぴったりしているデザインの理由は、美しさが求められるダンス協議において、体のラインと動きをチェックしやすいようにする意味があります。
なお練習用のレオタードに使われる生地の素材は、伸縮性に優れ、即乾性や吸汗性のある生地が使われるのが一般的です。
本番用の衣装は全般的に高価なものが多く、練習で本番用の衣装を着る機会があるとすれば試着時か本番直前のリハーサルの時しかないのが普通です。

クラシックバレエの練習にレオタードを

クラシックバレエを習っている場合、レオタードを着る機会がよくあります。
練習のときには、多くの人がレオタードを着用しているといえるでしょう。
クラシックバレエ用のレオタードがありますので専門店などで見るのも方法ですし、専門店ならばいろいろなデザインのものが置いてあります。
好みのデザインを選ぶことができるかもしれませんし、色もさまざま用意されています。
シックな色合いのものから、ピンクなどの可愛らしい色のものまで、多くの商品から選ぶことが可能でしょう。
また、デザインだけを見るのではなく、踊りやすいかどうかもチェックし、着ていて動きにくくないか、腕なども上げやすいかを確認した方がいいです。
試着ができるならば、試着をしてから買うかを判断するのも大切かもしれません。
頻繁にクラシックバレエに通うのであれば、何着か用意しておいた方が無難です。
洗濯の必要もあるので、週に何回通うかも考えるといいのではないでしょうか。


ページ先頭へ戻る▲

『レオタード 練習』 最新ツイート

@toromaomama

@rira_sarusuberi そうです、そうです、踊る時の手の位置とかを確認するためにつける練習用のチュチュボンです。クラスによって色も大きさも長さも違います。先生が腰の位置や骨盤の位置を確認しやすいようにレオタードとともにデ… https://t.co/FOQGP601Jm

18時間前 - 2018年07月18日


@rira_sarusuberi

@toromaomama これって練習のときとかにレオタードの上に付けるチュチュですか? チュチュボンって言うんですね!初めて知りました~かわいい~☺️ クラスによって色が違うのかぁ。色々と知れて嬉しいです💞

18時間前 - 2018年07月18日


@wettingdarkbule

@Eri_naisyoface 確かに! 長時間反復練習をしたり、休憩や終わりまで礼儀正しく長い拘束を受ける、静かにお話を聞いて、お喋りやちょろちょろしないで皆と調和を取って点を重ねたり自分の実技を披露する、ほらお姉さんにならない… https://t.co/TTKfarvMAy

2日前 - 2018年07月17日